自家焙煎コーヒー豆専門店 ビーンズコーヒーカンパニー
モバイルページ切り替え

トップページ コーヒーについて ドリップコーヒーを極める 美味しいコーヒーの淹れ方 NEW店舗情報 手挽きミルの調整 アイスコーヒーの淹れ方

【ハンド ドリップ】

ドリップにはハンドドリップとコーヒーメーカーなどのマシーンドリップがあります。ビーンズコーヒー焙煎人阿部がオススメするのは【ハンド ドリップ】。
お湯を沸かし、器具にロシを敷き、粉を分量分入れて、じっくりコーヒーと対話しながらお湯を注ぎ淹れていく。
ポタポタと、抽出されて落ちていくコーヒーと、膨らむコーヒーの粉、何よりもふわっと立ち上る香りが美味しさの期待を膨らませてくれます。



ここにこだわる
ドリッパー
カリタ メリタ ハリオあたりがビーンズでは取り扱い中のメーカーです。カリタとハリオの違いは、ドリッパーの穴の形状です。お湯でろ過された抽出液は、底の部分でいったんせき止められながら、穴から出てきます。ハリオの場合は抽出液は円すい形状のロシの先に向かって集まりろ過されて出てきます。

コーヒーは、お湯が粉に触れている時間によって変わるので、上記2社の形状を見ていただいたらわかりますが、当然ふたつとも同じコーヒーを淹れても味が変わります。
これからドリップをはじめる方は、カリタので。いろんなコーヒーの銘柄ごとの味の違いがわかるようになったら、ハリオを、とお客様にはオススメしています。
そして・・・あの憧れのネルドリップ

布の伸縮によって、味に深みが出る とよく言われてますが、もちろんそれもありますが、それよりも、布によってろ過される味の成分がペーパーとおそらく違うので、独特の味わいが楽しめます。これはこれ。
何より、なんだか老舗の喫茶店のマスターの気分(笑)。ネルで淹れてるって言うだけで、高級な1杯になってます。使用後のお手入れが少々手間がかかります。そのまま放置し乾いてしまうとコーヒーの油脂成分がネルに残り次からのドリップに味に大きく影響しますのでご注意を。

【コーヒーメーカー ドリップ】

大きさで選ぶのか、抽出杯数で選ぶのか、ミルがついたものか、ガラスポットかステンレスポットで選ぶのか、値段で選ぶのか。いつでも均一に美味しいコーヒーを淹れる事ができるコーヒーメーカーは、いまや専門メーカーだけでなく、家電メーカーもふくめて多数発売されています。
味に関しては、本体の値段は関係ないです。もし味の部分のこだわりがあるようなら、是非画像のメリタのコーヒーメーカーをオススメします。
1回辺り何杯分利用するのか、保温するのか、豆から挽いてフルオートで楽しみたいのか。ご自分のパターンをよく考えた上でご購入ください。

メリタ ミアス(meus)
さすがドリッパーの部分、メリタでは「フィルター」といいますが、ここの造りこみには職人魂を感じます。本当に美味しくドリップできます。その他、10杯用で大きいかと思いきや、小ぶりで家庭用でも全く問題ありません。ではなぜ10杯用なのか。
コーヒー1杯の設定は基本120ccですが、僕自身も自分のコーヒーを家飲みするときは120ccなんて少量では飲みません。マグカップで最低でも200ccほどになります。3人分マグカップなら600cc。通常の家庭用メーカーなら容量が最大限になります。しかしこのミアスなら10杯用なので容量抜群。急な来客でも慌てません。そんな多機能にもかかわらず、お値段は5千円以下です。


(有)ビーンズコーヒーカンパニー
〒729-3101 広島県福山市新市町大字戸手780−1
(国道486号線沿い あしな消防署西隣)

OPEN 
10時〜19時(月・火・水・金) 10時〜18時(土日祝祭日)
営業についての詳細はこちらでご確認ください
お電話での問い合わせ ご注文 FAX兼用


   
(C)2004 有限会社 ビーンズコーヒーカンパニー